ラミネートベニア

ラミネートベニア法は、歯の表面を薄く削り「付け爪」の感覚で、薄いセラミックを歯の表面に貼り付けることにより、理想的な色・大きさ・バランスで前歯を作り上げる治療法です。

(写真は表側と裏側から見たラミネートベニアの製作技工物⇒)

審美歯科の本場アメリカUCLA培ったエステティックの経験と技術により、丁寧な治療をすすめさせていただきます。

ラミネートベニアの症例

症例1:矯正でポジションを治した後に貼りつける

矯正歯科後、ラミネートベニアの症例
前歯4本のラミネートベニアです。
貼り付けの前に、歯の位置を矯正治療後、治療を行っています。

症例2:前歯の大きさ(高さ・幅)を揃えた方法

ラミネートベニアの症例

術前歯の大きさがバラバラだったので、前歯4本をラミネートべニアで仕上げました。
両隣の3番の歯もCR充填で自然に仕上げています。

ページの先頭へ

症例3:歯ぐきが見える(軽度のガミースマイル)を治した

ラミネートベニアの症例2

術前上の歯の歯肉が露出していました。術後、6本ラミネートべニアで修復しました。
歯ぐきの形成治療も同時に行って調整しています。

ページの先頭へ

日本でもトップクラスの歯科技工士と提携しています

提携歯科技工士 紹介

歯科技工士
▲難易ケースに立ち会う技工士

ビュータート 代表:薄井 義典(横浜市開業)

青山・表参道・渋谷界隈の審美歯科医院とも提携し、自然美なセラミック治療を追及しています。

秋庭院長との連携で都心に出ずとも、ここ横浜市都筑区で、アメリカや都心などの本場に負けないセラミック治療をご提供できます。お気軽にご相談ください。

当院では、術前シミュレーションを行います

モックアップ

シミュレーション

当院のラミネートベニアの特徴は、術前のシミュレーションを模型によって行うことです。
モックアップ」と呼ばれる歯を形成する前にあてがう仮歯で、削る前にイメージを確認、さらに形成後はプロビジョナルレストレーションと呼ばれる本番前のキレイな仮歯を入れ、最終的な歯が入るまで日常生活に支障をきたすことなく、お過ごしいただけます。

以下に当院の大まかな治療の流れをご説明いたします。

初診・カウンセリング

相談

最初に歯科医師またはTC(トリートメントコーディネーター)によるカウンセリングを受けます。症状や患者さんのご希望を伺います。この日は、基本的に治療は行いません。治療プランと金額をお持ち帰りいただき、ご納得していただいて上で治療スタートするかどうかを決めていただきます。
(*ご希望によりSTEP2を初日に行う場合もあります)

モックアップ作成(術前シミュレーション用仮歯のかたどり)

モックアップ

患者さんの現在の歯型をそのままの状態でかたどりし、石膏で模型を作ります。その模型から、おおまかな形の仮歯を歯科医師が白いレジン素材(歯科用プラスチック)で作ります。これをモックアップといいます。

現在の歯に覆うようにして作られますので、装着して鏡で確認でき、術後の整ったご自身の歯が想像しやすくなります。

治療スタートの決定、仮歯用のかたどり

印象

治療スタートが決定しましたら、仮歯製作のための印象を取ります。口腔内の写真撮影・虫歯、歯周病のチェック・レントゲン撮影などを行い、必要に応じて虫歯の治療を行います。仮歯の製作を技工士に依頼します。

形成・色合わせ・仮歯装着(プロビジョナルレストレーション)

シェードガイド

ラミネートベニアを貼りつけるため、歯の形成を行います。歯を削る量は極力少なくし、神経をとる必要もありません。

形成後、再度、歯の印象(歯型)を採得し、歯科技工士が事前に作っておいたキレイな仮歯を装着していただきます。

歯科技工所へセラミック最終歯を発注

仮歯

1週間~10日程度のお時間をいただき、技工所へ発注いたします。
ラミネートベニアの製作中は、事前に作っておいた仮歯を付けていただくため、普段の生活に支障はありません。

セット・完成

装着

試しつけ・調整をします。この時点で、バランスや色などを確認します。できあがったものにご納得いただければ、接着し完成です。

また接着後も経過予後の確認のため、1~2回ほどの受診が必要な場合があります。

モックアップとは

モックアップ

術前のシミュレーション用の仮歯です。欧米での審美歯科では、治療前にこの「モックアップ」をすることが主流ですが、日本ではまだあまり馴染みがなく、ラミネートベニア治療前に、この術前シミュレーションをする医院は極めて限られています。

「こんな感じになります」といった具合で、お口の中でお見せすることができます。モックアップはあくまでも、歯を形成前に、今のご自身の歯に“あてがうだけ”のツールです。

前歯のダイレクトボンディング

前歯のダイレクトボンディングの症例1

歯のすき間・ダイレクトボンディングの症例2

人前に出るお仕事をされている30代の女性の方で、
前歯の小さな虫歯による変色が気になるとのことでした。ダイレクトボンディング法で自然に修復。

素材:ダイレクトボンディング
▲自費用の白い素材「グラディア」

この施術方法は、ダイレクトレジンとも呼ばれ、前歯のすき間や奥歯に直接白い詰め物を盛り、自然に修復する治療方法です。保険用のレジンとは違い、自費用の素材を使用します。

長持ちの点では、経年変化で唾液を吸収してくるので、セラミックには劣りますが、技工によるセラミック治療に比べると、元の歯を削る量が少なくて済む利点があります。

ページの先頭へ

初めての方でもお気軽にお問い合わせ・ご相談下さい
045-949-6474

月-土 9:00-13:00 / 14:30-19:00 休診:日・祝

  • 診療予約
  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約

診療時間

〒224-0062 神奈川県横浜市都筑区葛が谷8-10
ふれあいの丘駅前ビル2F

横浜市営地下鉄グリーンライン「都筑ふれあいの丘駅」前

当院専用の駐車スペースを2台分だけ、ご用意させていただいております