子ども
▲院内ハロウィンイベントにて

小児歯科とは、ただ子どもの虫歯を治すだけでなく、お子様お一人お一人の成長や環境に応じた予防や治療を行い、最終的には虫歯の無いかみ合わせの良い健康な成人になっていただくことを目標とすることです。

治療の際は、痛くない、こわくない治療を目指します。お子様が歯科医院を好きになり、自ら歯みがき等の予防歯科に関心を持つよう務めてまいります。

乳歯の虫歯

虫歯を放置すると、痛みばかりではなく、咬み合わせもズレてきます。あとから生えてくる永久歯の位置異常など、影響を及ぼす場合があります。

歯の交換期のトラブル

子ども
▲先生・TCのお姉さんとパチリ

乳歯から永久歯に交代する混合歯列期は6歳頃から12歳頃までの数年間です。その間に永久歯の生える順序が乱れると歯列や咬み合わせの形成が妨げられ、不正咬合になります。

小児の歯列不正

日本矯正歯科学会では、親から見て子どもの歯並びに大きな問題がなくても、7歳までに受診することを推奨しています。早期に歯列不正を発見し、アゴの成長発育を阻害ある因子を排除することで、重とくな不正咬合を予防することができます。子どもの時から考えてあげましょう(*口の中の状態により使用できない場合があります)。

⇒詳しくは、当院の矯正歯科専門HP内、子どもの小児矯正のページをご覧ください。

問題が見られたら、また一見問題がないようでも、一度当院までお気軽にご相談下さい。

乳歯が抜けた時は…

子どもの歯

乳歯(子どもの歯)が抜けると、他の乳歯が倒れてきて、永久歯(大人の歯)が生えてくるのを邪魔することがあります。ですので予防策として、抜けた乳歯の隣の歯が倒れてこないように、スペースメンテナンスをする必要性が出てきます。

抜けたからいいや、と考えがちなのですが、乳歯は、スペースメンテナンスの最たる時期と言えます。虫歯だけでなく、将来生えてくる永久歯や歯並びのために、歯科医院で診てもらうことは実は大切なのです。

  • スペースメンテナンスとは、永久歯が生える位置を確保したり、将来的な不正な歯並びを防止するため治療です。
  • スペースを作るのには、ワイヤーや乳歯の入れ歯、仮歯などを使用します。
  • 院長先生と
  • フック船長
  • ヒーロー

小児の予防

シーラント

シーラント
▲溝にシーラントを埋め込みます

シーラントとは、奥歯の溝を虫歯になる前にフッ素を放出する薬で埋めてしまい、虫歯を予防する方法です。

特に溝が深くて複雑な6歳臼歯に効果的です。永久的な薬ではありませんので、定期的にやり直す必要があります。

フッ素塗布

フッ素
▲フッ素

歯の一番外側はエナメル質でできています。フッ素を歯面に塗布し、エナメル質に取り込まれることで、主成分であるハイドロキシアパタイトの構造がよりしっかりと安定します。これにより歯の質が丈夫になり、酸に溶けにくい強い歯がつくられます。

特に生えたばかりの歯は、たくさんのフッ素を取り込みやすい性質があり、お子様のうちからフッ素による予防を心がけると良いでしょう。

キシリトール

キシリトール
▲キシリトール製品

キシリトールは世界中の国々で、予防効果と安全性が認められています。普通の砂糖などは虫歯菌によって分解され「酸」をつくります。
この「酸」が歯を溶かして虫歯をつくります。

一方、キシリトールは虫歯菌に分解されないので、虫歯のもとの「酸」がつくられません。キシリトールを取ることで口の中の虫歯菌が減り、結果として虫歯予防につながります。

製品に含まれるキシリトールが多いほど予防効果が高くなります。含まれる割合が50%未満では効果が無く、他の糖分が入っていれば効果は半減してしまいます。お菓子類を選ぶときはよく確かめてください。

当院ではキシリトール商品として、「歯医者さんが作ったキシリトール100%チョコレート」や「キシリトールタブレット」等を販売しております。

  • スパイダーマン
  • 子ども
  • お母さんと

よくいただくご質問

子供はいつフッ素を塗るといいでしょうか?
小児歯科
▲姉妹で通われています
一番良い時期は、乳歯が生えてくる時期や生え変わりの時期です。生えてきたばかりの歯は、弱くて虫歯になりやすいので、早めに抵抗力をつけてあげることが大切です。
何歳から歯科受診可能ですか?
痛くなってから歯科医院へ通院するのではなく、まずは予防しましょう。先生やスタッフとコミュニケーションをとりながら、歯科医院の雰囲気に慣れることが大切です。仕上げ磨きのやり方も衛生士が教えていきますので、歯が生えた頃から受診しましょう。

小児担当の女医先生が在籍しています

小児歯科医
小児歯科担当:はるな先生

はるな先生より一言

以前に比べると、歯医者さんを好きになってくれる子がだいぶ増えたような気がします。
それでも歯医者さんに対して泣く子もいますので、いきなり治療は始めないようにしています。

当院のチームスタッフも皆子どもたちが好きで慣れていますので、まずはお話をしたり一緒にDVDを見たりします。なるべく恐怖心を作らないように歯医者さんに慣れることから始めます。

虫歯になったり、歯が小さくなることで不正咬合につながることもありますので、少しでも心配になりましたらお早めにご相談ください。

初めての方でもお気軽にお問い合わせ・ご相談下さい
045-949-6474

月-土 9:00-13:00 / 14:30-19:00 休診:日・祝

  • 診療予約
  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約

診療時間

〒224-0062 神奈川県横浜市都筑区葛が谷8-10
ふれあいの丘駅前ビル2F

横浜市営地下鉄グリーンライン「都筑ふれあいの丘駅」前

当院専用の駐車スペースを2台分だけ、ご用意させていただいております