顎の骨が足りない・薄い…他院で断られた方でも

骨補填材
▲安全な骨造成素材を使用

インプラントをしたくても、顎の骨が足りなかったり、薄かったりした場合には、埋入する深さが足りませんので、そのままではインプラント治療ができません。

そういった難症例の方でも、骨を作る治療を事前に行い、インプラントを行える場合があります。

このような骨造成テクニックをできる医院やドクターは限られています。お気軽にお問い合わせ・ご相談ください。

当院で可能な主な骨造成テクニック

GBR(骨再生誘導法)

歯を失ってから時間が経過していると、周囲の歯槽骨が吸収されていきます。GBR(骨再生誘導法)は歯槽骨の骨幅が不足している部分に、骨補填材を置き、骨の再生を促進する治療法です。

GBRGBRGBR

GBRGBRGBR

サイナスリフト(上顎洞底挙上術)

上顎の骨の上には上顎洞(じょうがくどう)と呼ばれる大きな空洞があります。上の奥歯が無い方は時間とともに「歯槽骨の吸収」という現象が起き、この空洞が拡大し、インプラントを埋入するのに十分な量の骨が無くなってしまうことがあります。そこでこの上顎洞に骨補填材を充填して、上顎洞の底部分を押し上げ、骨が出来上がるのを待ってからインプラントを埋入します。

サイナスリフトサイナスリフトサイナスリフトサイナスリフト

ソケットリフト

特殊な器具を使って上顎洞底部を押し上げ、押し上げた部分に骨補填材を入れ、骨の高さを確保します。サイナスリフトが上顎洞までの骨の厚みが0~4mmの場合に行うのに対して、ソケットリフトは5~9mmの場合に対して行います。インプラントを埋入する部分から骨補填するので、傷口が小さくて済むというメリットがあります。

手順1手順2手順3手順4

患者さんのお口や顎の状態により、採用される骨造成テクニックは変わってきます。
当院では口腔外科医との連携のもと、安全にインプラントを行うことができます。

初めての方でもお気軽にお問い合わせ・ご相談下さい
045-949-6474

月-土 9:00-13:00 / 14:30-19:00 休診:日・祝

  • 診療予約
  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約

診療時間

〒224-0062 神奈川県横浜市都筑区葛が谷8-10
ふれあいの丘駅前ビル2F

横浜市営地下鉄グリーンライン「都筑ふれあいの丘駅」前

当院専用の駐車スペースを2台分だけ、ご用意させていただいております