• タービン(ハンドピース)ドリルの滅菌・衛生管理について

    歯科医院におけるドクターが歯の切削や研磨で使用するドリルのことを、「タービン」「ハンドピース」と呼びます。

    ハンドピース

    このハンドピースを「滅菌しないで使いまわしている」という報道が一部のテレビやインターネットでされましたが、当院では開院当初から、患者さんのお口の中に入る器具は、高蒸気圧滅菌器(オートクレーブ)で滅菌し、滅菌パックを行い、患者さんごとに交換を行っております(上記写真)。

    このハンドピースは仕入れ値が平均1本10万円前後し、買い揃えるにも高額になってしまいます。また、歯科医院によって滅菌に意識の高さにもばらつきがあり、滅菌を行う裏方のチームスタッフのルーチンワークも手間暇がかかることから(当然のことなのですが)、患者さんごとの滅菌・交換をしないところも少なくないようです。

    医療用グローブ

    また、院内の感染防止で気を使うべきは、機器の滅菌と同じくらい大切なのが、医療用グローブを患者さんごとに交換することです。

    こちらは使い捨てタイプ(ディスポーザブル)のゴム手袋を使用します。時間帯によっては、一つのチェアタイムで数人の患者さんのお口を拝見しなければならないときもあるため、一人の患者さんに対してグローブ1枚、…というわけにはいきません。チェアを離れて戻ってきた時には「その都度交換」を徹底しております。

    グローブのストック箱

    上記写真は当院のグローブのストック箱です。ドクターや歯科医衛生士、全員で使うため、グローブの廃棄量も多くなり、仕入れ値もばかにならないのですが、このルーチンワークを徹底できない歯科医院も多いと聞きます。高価な滅菌器を導入することもそれはそれで衛生管理としては重要なことなのですが、実はこのようなディスポーザブルによる交換を徹底することで、院内感染を防止することができます。これからも当院では衛生管理を徹底することをお約束いたします。

初めての方でもお気軽にお問い合わせ・ご相談下さい
045-949-6474

月-土 9:00-13:00 / 14:30-19:00 休診:日・祝

  • 診療予約
  • 無料メール相談
  • 無料カウンセリング予約

診療時間

〒224-0062 神奈川県横浜市都筑区葛が谷8-10
ふれあいの丘駅前ビル2F

横浜市営地下鉄グリーンライン「都筑ふれあいの丘駅」前

当院専用の駐車スペースを2台分だけ、ご用意させていただいております